プログラミングのパグを減らす方法

プログラミングを作成している方の多くは、バグを経験していると思います。
作成している時には、「これで、問題はないだろう」と思って作っているはずなのに、「どうして、バグが出来てしまうのだろう?」と感じている方も多いと思います。バグが見つかれば、その後の作成などもストップしてしまいますから、「どうにかならないかなぁ」と感じている方も多いでしょう。
では、プログラミング作成時のバグを減らすには、どういった方法があるのでしょうか。

まず、バグを減らすためにはいくつかのポイントがあります。
・プログラミングを行う際には、一度テストを書くこと
・1つのクラス作成の際には、出来るだけ小さなクラスにすること
・メソッドは、1つを作る際5行以内に収める
・switchやif else文などの場合には、別プロジェクトとして作成する

これらのポイントを抑えていくだけでも、バグの発生回数は減らす事が出来ます。
時には、チームで仕事を進めていくことがあると思いますが、その際はこのポイントをチーム全体で共有していくことが必要となります。
一人だけ、このポイントを抑えて作成していても、意味がなくなってしまいますからね。
チームを組み、仕事を進める場合には、事前のミーティングなどでこういった共通意識を話し合っておくと、すんなりと仕事を進めることが出来るでしょう。
チーム全員が、共通したポイントを抑えていることで、不具合が万が一起きてしまっても、スムーズに対応することが出来ます。

このように、プログラミングのバグを少しでも減らすためには、こういったポイントを抑えたプログラミング作成がおすすめ。
チームで作成する場合には、事前に話し合い、共通ポイントとして作成をはじめると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です