プログラミングバグの対応

プログラミングを行い、バグを見つけてしまうと「どうして?」「何が原因?」と焦ってしまう方が多いと思います。
作成中にも、十分注意して作っているでしょうから、「どうして、バグが出来てしまうんだろう?」と不満に感じる方も多いと思います。
「どうすれば、このバグを改善出来るだろう?」と焦る方もいるでしょう。
では、バグを見つけた時の対応について、ご紹介しましょう。

バグを見つけてしまうと、多くの方がため息をつき、「原因を探ろう」と考えると思います。
しかし、バグを見つけた時にはマイナス面だけではありません。
バグを見つけたということは、チャンスを見つけたと考えることで、対応の仕方も変わってくるのではないでしょうか。
バグを改善するためには、今まで作ってきたプログラムなどを見直すことになりますし、何が原因となっているのかを確認することになります。
そうなれば、プログラム作成の知識をプラスすることが出来るということ。知識が増え、経験が増えれば、今後役に立つこともあるでしょう。
バグを見つけた時には…

・プログラムを再度確認する
・どういった種類が原因となっているかを知る
・どう解決していくかを考える
・どうしても、原因が見つからなかった場合には、他の人の目で確認してもらう
これらが基本となります。

こういった方法で、バグに取り組んでいくことで今まで以上に解決も早くなるでしょう。
何よりも、嫌な思いや重い気持ちで取り組むことは少なくなるのではないでしょうか。

このように、プログラミングのバグを見つけた時には、「どうして?」と暗い気持ちで取り組むのではなく、「これは、新たな知識を身に付けるチャンス」と考えて対応していくことが大切。
どういったことが原因なのかを知ることが出来れば、改善することが出来れば、自分のスキルアップにも繋がりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です